アウトドアで自然とたわむれて休日をリフレッシュしよう

アウトドアを楽しんじゃおう

気軽にアウトドアキャンプができる

キャンプをするっと言ったら、細かい道具や荷物が多くかさばり、大変って思う方は多いはず。また、女性は外にテント張って寝るのが不安という方いると思いますが、今ではキャンプ場の施設が整い、コテージなどもあるので、気軽に行けるようになってます。
気軽に家族みんなでキャンプへ行こう。

テントがなくてもオートキャンプはできる!?

テントにシュラフ(寝袋)、タープ(雨よけのオープンテント)、バーナー、クッカー (調理グッズ)、テーブル&チェアなどなど、「オートキャンプは、 道具を揃えるだけでもたいへん」と考えている人も多いのではないでしょうか。
また、テントやタープをうまく張れるだろうかと心配する人もいるでしょう。 確かに、テントひとつとっても、場所の選び方や張り方、内部に敷くマットなどに よって、快適さは変わります。
しかし、そうしたコツは、何度か体験するなかで 少しずつ分かってくることで、最初から完璧にやろうとしても無理。
しかし、 せっかく出かけるからには、初めてでも楽しく、快適に過ごしたいですよね。 そこで、オートキャンプは初めてという人に、後悔しない方法をお教えしましょう。
それは、キャンプ道具を何も持たずに行くキャンプです。
オートキャンプ場のガイドブックやインターネットでオートキャンプ場を 紹介するサイトに、全国各地の施設が紹介されています。
詳しく見ていくと、 トレーラーハウス(キャンピングカー)やコテージ、キャビン、バンガローが 完備しているオートキャンプ場が見つかるはずです。最初は、こうした宿泊施設を 利用するのです。もちろん、これも立派なキャンプです。その上、キャンプサイトを 設営する手間が省け、急な雨に降られてもたいへんな思いをせず、 快適に過ごすことができます。

オートキャンプ場が一般のキャンプ場の違い

オートキャンプ場が一般のキャンプ場と異なる点は何でしょう。
それはキャンプサイトに直接車を横付けする事が出来る点です。
キャンプ場は思いのほか広いため、駐車場からキャンプサイトまで重い荷物を持って歩くと言うのはかなりの重労働です。
ましてキャンプ経験を重ねれば、次第に道具も増えてくるはずだからなおさらです。
また車そのものが快適なキャンプを演出する上で、欠かせないアイテムでもあります。
ただし、オートキャンプ場ならどこでも同じと言うわけではもちろんありません。
設備の充実度や付帯施設など、個々のキャンプ場によって大きく異なるし、また海、山、川のどこにあるかで、装備や食事、行動形態などキャンプのスタイルも変わってきます。
さらに言えば、周囲のロケーションが変われば気分も遊び方も違ってくるでしょう。
そうした変化を楽しみながら、お気に入りのキャンプ場を探していくというのもキャンプの魅力と言えるのではないでしょうか。

オートキャンプ場の選び方(初心者・家族連れ)

オートキャンプ場の設備や環境は千差万別です。
そのなかで、初心者や家族連れには、多少料金が高くても、設備が整い、比較的アクセスのよい大型施設がおすすめです。
炊事施設や風呂などが充実し、売店や食堂が完備し(もしくは近くにある)、 管理者が24時間常駐しているといった便利さや快適さは、本来の自然のなかでのキャンプとは雰囲気が異なると思われるかもしれません。
しかし、こうした施設でもアウトドアの雰囲気は十分に満喫できます。また、親水広場や子ども向けの遊具があったり、自然観察会が行われるオートキャンプ場もあります。
そうしたところでは、キャンプだけでなく自然のなかで子どもたちを遊ばせながら過ごすことができます。
また、オートキャンプ場の施設内容だけでなく、海水浴場のそばか、高原、里山、雑木林のなかか、近くに立ち寄り温泉はあるか、といった立地環境をチェックしておくと、楽しみはより広がります。
気に入ったオートキャンプ場が見つかったら、事前に現地に連絡を入れ、料金や場内施設の内容、レンタルできる道具、チェックイン・チェックアウトの時間などをしっかり確認するとともに、周辺の店や施設などについても聞いておくと役に立ちます。現地で食材を調達しようと思っていたのに、店が見つからないといった失敗もせずにすみます。

おすすめWEBサイト 5選

包丁の通販

Last update:2017/2/16

日焼け
熱中症対策

アウトドアでは、一日中外にいるとかなりの直射日光を浴びます。曇りでも油断大敵!特に女性は日焼け止め対策。子供にも必ず帽子を。初夏から夏は水分をよく補給し、木陰で過ごすのがベスト。木陰がなければタープを張ると良いのですが、アウトドア遊びをはじめたばっかりの方には「???」かもしれませんね。とりあえず炎天下で遊ぶのは要注意です
(c) アウトドアを楽しんじゃおう Allright Reserved.